肝斑とシミの区別は、医師でないと判断しにくい場合があります。治療法も肝斑は内服が有効で、シミはレーザー資料が有効となります。
肝斑もシミも両方ある場合は、内服で肝斑を薄くしてからレーザー治療することをお勧めしております。
下記に肝斑とシミの治療の違いを記載しましたのでご覧ください。

しみ・そばかす・肝班(かんぱん)とは?

シミは一般的には、肌内部で過剰に生成されたメラニン色素の沈着によっておこるものをさします。
加齢と共に皮膚再生のサイクル、ターンオーバーが鈍ってくると、古い角質と同様、沈着した色素が肌に蓄積されてシミが色濃く浮き出てくるようになります。
一方、そばかすは多くが遺伝性。年齢を重ねるごとに薄くはなりますが、お手入れ次第では目立つようになることも。
また近頃取り沙汰されている肝斑(かんぱん)もシミの一種。
30~40代の女性に多く、紫外線だけでなくホルモンバランスが関係するといわれています。

しみ・そばかす・肝班(かんぱん)の原因

【紫外線】
メラノサイトが刺激されて、シミの原因であるメラニンが増加。年齢を重ねると肌の新陳代謝が滞るため、メラニンが排出されずに留まりシミとしてあらわれる。

【ストレス】
仕事のイライラや複雑な人間関係による情緒の不安定など。精神的なストレスを受けると脳下垂体からメラニン細胞を刺激する物質が分泌されシミになる。

【生活習慣】
コーヒーなどに含まれるカフェインなど刺激の強い食品を過度に摂取したり、睡眠が不規則だったり。免疫力の低下がメラニン増加の可能性が。

【ホルモンバランス】
ストレスや体調不良によりホルモンバランスが崩れると、黄体ホルモンがメラノサイトを刺激。肝斑(かんぱん)の原因に。

お悩みのシミ(そばかす・肝斑)はどれ?シミの種類とその見分け方

シミの種類はたくさんあり、年月が経過すると、シミがとれにくくなるので早めの治療が大切です。また、シミの種類によっては、間違った機器や方法で治療すると返って悪化する場合もあります。しみ治療を予約する前にあなたのシミの種類を判別して適切な治療を受けることがとても大切になります。
下記の違いと見分け方をご参考ください。

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

別名「日光性色素斑」や「日光黒子」とも呼ばれる、もっとも代表的なシミです。顔や手の甲、背中などにできるほぼ円形で茶褐色のシミです。主に紫外線による光老化や皮膚の老化によって新陳代謝が衰えることが原因です。悪化すると数が増え、大きさが拡大し、色調が濃くなることが多く、進行すると脂漏性角化症になるともいわれております。老人性という名前がついていますが、早い人は20代後半位で現れることもあります。老人性色素斑を治療するには紫外線で老化した表皮の細胞を取り除く必要が有ります。

【部位】顔(頬骨の高いところに出来ることが多い) 手の甲 背中
【形】円形
【色】薄めの茶褐色
【大きさ】1ミリ ~ 10ミリ(1センチ) 程度
【原因】紫外線(肌の老化)
【その他の特徴】悪化時に、 数が増加 大きさの拡大 色調が濃くなる 等の症状がみられる。
【施術方法】QスイッチYAGレーザー

肝斑

30~40代の女性に多く、主に目の下と両頬骨に沿ってあらわれる左右対称の茶色い色素斑。
原因は様々で、妊娠や婦人科疾患などホルモンバランス、精神的なストレスや生活習慣(カフェイン過剰摂取、睡眠不足など)もが大きく影響しているといわれます。放っておくと頑固なシミになるので早めのケアが必要です。
多くの場合は、肝斑と日焼けによるシミ・母斑(アザ)が混在していることがあるので、治療経過によって細かい判断を行います。
飲み薬や塗り薬の併用を途中から開始するのも効果的です。

【部位】頬骨(ほお骨)や目の周り、左右対称性、鼻の下
【形】アザ模様 輪郭がぼんやりしている
【色】 薄めの茶褐色
【大きさ】範囲が広いものだと3~4センチのものもある。
【原因】女性ホルモンの乱れなど
【その他の特徴】 30代~40代の女性に多くみられ 左右対称に現れる 摩擦や刺激、紫外線で悪化する 閉経とともに消えていく レーザー治療にて悪化
【施術方法】 ケミカルピーリング、ビタミンCイオン導入

色素沈着(炎症性色素沈着)

皮膚の炎症性色素沈着とはニキビ痕、けが、やけど、湿疹などの炎症が治療した後に茶色っぽく残ってしまう状態のことを言います。
その他、日焼けや化粧かぶれ、肌に合わない化粧品の使用、ムダ毛の処理の際の剃刀負けが皮膚の炎症を起こし、シミとして顕在化するケースも多いです。
殆どの場合、日焼けや化粧かぶれなどに気をつけて、肌を保湿してゆけば自然に治りますが、重度の場合、1年から4年ほどシミとして残ることもあります。
対処法としては、日頃のスキンケア(保湿)もしくは皮膚の表面にある古い角質を剥がして新しい皮膚を生み出すピーリングを行う事によって症状の早期解決を図ることができます。

【部位】 手拿、足底以外どこでも
【形】 様々
【色】 赤→茶褐色に変化
【大きさ】 様々
【原因】 ニキビや摩擦による肌の炎症+紫外線(肌の老化)

雀卵斑(じゃくらんはん)(=そばかす)

「ソバカス」といわれる類円系の小色素斑。主に顔の目の下に現れます。幼児期~思春期に現れることが多く、
原因としては他のシミ同様、肌の代謝が低下することにより、メラニン色素が排出されずに皮膚に沈着しているために起こりますが、先天性のもので遺伝的なケースも多いです。

【部位】主に目の下(頬骨)、鼻の頭 肩や腕にできる場合もある
【形】 形は、様々で不規則
【色】 薄い茶褐色
【大きさ】 約1ミリ
【原因】 紫外線(肌の老化) 遺伝的要素が強い
【その他の特徴】 年齢と共に薄くなる、消える場合が多い
【施術方法】 QスイッチYAGレーザー