症状が悪化しやすい頭皮ニキビ

頭皮には、毛穴が多く存在し、密集しています。このため、皮脂分泌が多くなり、にきびができやすいのです。それに加えて、汗をかきやすく髪の毛で覆われているため、通気性が悪く蒸れやすいという、アクネ菌(※)の増殖に適した環境です。アクネ菌が増えると、炎症が起こりやすくなって、にきびの症状が悪化することがあります。

【アクネ菌とは】
常に皮膚に存在し、皮膚の健康に関係するといわれる細菌のひとつ。
空気があると生きられない(嫌気性細菌)ため、毛穴の奥などに存在し、皮脂や汚れを栄養源として増殖する。

ターンオーバーの乱れが原因のひとつ

頭皮”にきび”の原因のひとつとしてあげられるのが、ターンオーバー(※)の乱れです。ターンオーバーが乱れると、アカとなってはがれるはずの頭皮の角質がはがれ落ちずに、厚くなります。このような状態になると、皮脂が毛穴の中に詰まりやすくなるので、にきびができてしまいます。

【ターンオーバーとは】
表皮細胞の生まれ変わりのこと。一定の周期で新しく生まれた細胞が皮膚表面まで押し上げられ、はがれ落ちるまでのことを指し、平均的な周期は約28日間とされる。この周期が乱れると、肌トラブルが起こりやすくなる。
  

頭皮のかゆみ、原因のひとつはシャンプーです

また、シャンプーのすすぎ残しなどもにきびの原因になります。たまった汚れをしっかり落とすために欠かせないシャンプーですが、すすぎが不十分だと、毛穴の中にシャンプーの成分が残ってしまい、それが毛穴に潜むアクネ菌の栄養源になります。
そして、気をつけたいのが髪をぬらしたままにすることです。髪を乾かさないで寝ると、頭皮が湿ったままでアクネ菌が増殖しやすい環境になり、症状の悪化につながります。
このほか、紫外線にも要注意。紫外線を多く浴びることで乾燥してしまうと、肌のバリア機能が低下し、さらに症状を悪化させてしまう場合があります。

フケは多くの女性が抱える頭皮の悩みです

頭皮を含め、人間の体全体は絶えず新陳代謝を繰り返しています。
新しい細胞が生まれると同時に古い細胞が垢のようにはがれていくサイクルが正常な状態ですが頭皮にトラブルが発生し、新陳代謝のリズムが早まると、まだはがれるべきでない皮膚の角質がはがれてしまい、目にみえるフケとなって現れます。

以上の点からわかるように、フケを単なる「体質」として片付けるべきではなく、頭皮トラブルのサインとみなすことが必要です。その原因として考えられる点、頭皮の皮脂です。シャンプーを1日1回までにして洗いすぎを避け、頭皮環境を整えてあげましょう。

頭皮のかゆみやフケがひどければ、脂漏性皮膚炎の可能性もあります

シャンプーの種類や方法を改善してもかゆみが全く改善されず、さらに、赤くなったり、フケのようなものが出てきたりするようなら、皮膚科の受診を検討した方が賢明です。脂漏性皮膚炎の可能性があり、かゆみで皮膚科を受診する人の6割がこの脂漏性皮膚炎というデータもあります。