まつ毛貧毛症とは

まつ毛が、短くなってきた、細くなってきた、薄くなってきたといった症状を感じられている方は、睫毛貧毛症(しょうもうひんもうしょう)かもしれません。まつ毛は、外部から眼に異物が入ることを防ぐ働きを持っています。
まつ毛が、不足して不十分になると、その働きが低下します。また、美容的観点から治療を希望されるケースもあります。

「まつ毛」お悩みチェック

■まつ毛が不足している
■まつ毛が短くなっている
■まつ毛が細くなっている
■まつ毛が薄くなってきた

まつ毛貧毛症治療薬


ナチュラルな仕上がりで、ダメージが少なく即効性のあるまつ毛貧毛症の治療薬「まつ毛貧毛症治療薬」。
使用された方の多くが、約1ヶ月で効果を実感し始め、2ヶ月程度で満足のいく効果を実感しています。

■ナチュラルな仕上がり
■ダメージが少ない
■効果の即効性(1ヶ月で効果を実感!)
※発毛可能な毛包が存在しない場合には、本来の効果が得られない場合があります。

まつ毛が伸びるメカニズム


まつ毛にも髪の毛と同じで、ヘアサイクル(毛周期)があります。まつ毛貧毛症治療薬の有効成分であるビマトプロストがヘアサイクルに働きかけて成長期が長くなることで、まつ毛が「太く」「長く」「濃く」なると考えられています。

まつ毛貧毛症治療薬の使用方法


①化粧を落とし、コンタクトレンズも外して、洗顔後の清潔な状態で使用してください。

②片目ごとに、1日に1回1滴を添付されている専用ブラシに滴下し、目頭から目尻の方向へ上まつ毛の生え際に沿って塗布します。

③もし液が上まつ毛の生え際以外についた場合は、コットン等で拭き取るか洗い流してください。
④ブラシの毛先には手で触らないようにしてください。一度使用したブラシは廃棄して、片方ずつ新しいブラシを用いて塗布してください。
※頻繁に塗布しても効果が促進されませんので、1日1回を超えて塗布しないでください。
⑤コンタクトレンズを付ける場合は、変色することがありますので、塗り終わって15分以上経過してからレンズをつけてください。