QスイッチYAGレーザー

QスイッチYAGレーザーは、肌に炎症を与えないほどの弱いパワーで照射することができ、
皮膚の中のメラニン色素だけを破壊することができるため、症状を悪化させることなく、しみや入れ墨・アザなどを改善できます。

しみやあざをピンポイント治療で除去

QスイッチYAGレーザーは安全に強いエネルギー照射ができるレーザーで、「メラニン」色素を持つ細胞だけに反応する性質があります。
QスイッチYAGレーザーを肌に照射すると、しみのない正常な細胞には吸収されずに通り抜け、「メラニン」色素のみを破壊します。破壊された色素は、ターンオーバーとともに排出されるか、体内に取り込まれて分解され、しみのないクリアな肌がよみがえります。
QスイッチYAGレーザーのレーザー光は直進・集束性で、「メラニン」色素によく吸収される性質を持っています。
そのため、しみの原因である「メラニン」を的確にとらえて破壊することができます。

QスイッチYAGレーザー

医療用QスイッチYAGレーザー

レザック社の炭酸ガスレーザー「LESAC CO2-25」

当院で使用している機器は、設定によって532nm(SHG:YAGレーザー)と1064nm(Nd:YAGレーザー)の2波長を切り替えることができる医療用QスイッチYAGレーザーです。
そのため、皮膚科領域での色素性皮膚疾患への選択的な治療が可能となっています。
しみ・ほくろ・痣などの色素疾患治療だけでなく、入れ墨の除去も可能です。カーボンピーリングによる「にきび」「毛穴の開き・黒ずみ」治療も可能です。
QスイッチYAGレーザーは、正常な皮膚細胞にはダメージを与えずに、異常な色素のみを破壊する特徴を有しています。治療可能なしみは、濃いものだけでなく淡いものにも反応するため効果的です。ほとんどの場合は1回の照射だけで終了します。

適応疾患
  • 輪郭がはっきりしているしみ
  • 他の治療器で何回治療しても取れなかったしみ
  • 色が薄くて光治療器(フォト)では反応しないしみ
  • ほくろ(回数がかかります)
  • あざ(扁平母斑、ADM、太田母斑、異所性蒙古斑など)
  • タトゥー、外傷性刺青、アートメイク除去

注意事項・施術を避けて頂きたい方

施術にあたり、毎回承諾書の記入が必要となりますので、印鑑をお持ちください。

  • ご妊娠中の方の施術はできませんのでご了承ください。
  • 未成年の方は初回は必ず保護者様のご同伴が必要となります。
  • 小学生以下(小学生を含む)のお子様をお連れの方は施術できませんのでご了承ください。(但し、お子様と一緒にいていただける保護者の方がいれば可)
  • 日焼けしている方や日焼けの予定がある方は、事前にご報告ください。
  • 授乳中の方、光線過敏体質の方、照射部位に皮膚疾患がある方、ペースメーカーを装着している方は、事前にご報告ください。

照射方法と照射後

レーザー照射後に貼った肌色テープはなるべくはがさず、そのまま入浴・メイクをしてください。
1週間後、テープをはがすと、カサブタの下から再生した皮膚が現れます。新しい皮膚には日焼け止めを使用し、炎症性色素沈着を予防してください。
色素沈着を来した場合は、ハイドロキノンを処方します。

照射前
照射前

授乳中の方は施術前に必ずお申し出ください。お化粧は落としていただきます。

照射後
照射後

患部を冷却後レーザーを照射します。照射直後から黒褐色の薄いかさぶた(あざやタトゥーでは内出血)が生じます。

被覆材直後
被覆材直後

大きい病変には当院で用意した被覆材を貼る場合があります。当日から洗顔、化粧は可能ですが、被覆材が濡れたら交換していただきます。

照射2日後
照射2日後

照射部位は軽いやけどに近い状態のため、痛み・かゆみが出る場合があります。その場合は保冷剤等で冷やしてください。

照射2週間後
照射2週間後

しみ、そばかすの場合、照射後平均10日でかさぶたがとれます。

照射1ヶ月後
照射1ヶ月後

30~40%の方に色素沈着が起きますが、サンスクリーンや美白剤の使用で通常6ヶ月から1年以内に徐々に消退します。

料金表

こちらは【事前に診察予約が必要】です。下記以外の詳細は院内にてご説明いたします。
※価格は全て税込価格となります。

QスイッチYAGレーザー
(しみ、そばかす)
1~3ヵ所/
10,000円
4~6ヵ所/
15,000円
顔全体/
25,000円
QスイッチYAGレーザー
(タトゥー、あざ)
~25㎠/
10,000円
25~100㎠/
20,000円
100~400㎠/
30,000円
400~900㎠/
40,000円
900㎠~/
50,000円~

よくあるご質問

YAGレーザーはしみだけでなく、そばかすやあざ、それに刺青にも効果があります。

通常は麻酔は不要ですが、照射部位が広範な場合や、麻酔を希望される場合は使用します。

通常は1回の治療で完了しますが、深いしみや隆起したものなどでは、複数回が必要になります。

全てのしみが取れるわけではありません。深いしみや隆起したしみ、しみに似たようなほくろなどは取れないことがあります。

症例によって随分違いますが、5分から20分位です。

治療後の皮膚を保護することで回復を早め、色素沈着の確率を減らします。このテープの上からお化粧もできますので、ご安心ください。