赤ら顔

赤ら顔、傷痕も治療が可能です。
気になる方はまず治療可能か、はなさき皮膚科クリニック 美容皮膚科へご相談ください。

赤ら顔の原因

赤ら顔の正体は毛細血管です。通常、人体では自律神経の働きにより血管が拡張・収縮を繰り返し、血液が循環されていますが、血管が拡張して血流が増えると、皮膚表面から血液の色が透けて見えてしまいます。これにより、顔が赤く高潮してみえる症状が赤ら顔です。
一般的には、末梢血管の循環うっ血で生じることが多く、温度が上がった時や、興奮した時、緊張した時などに頬の赤さが強調されます。

赤ら顔の原因

赤ら顔の治療法

赤ら顔(毛細血管拡張症)の特徴

血管が拡張して血流が増えると、皮膚表面から血液の色が透けて見えてしまい、顔が赤く高潮してみえます。

赤ら顔の原因

寒冷地、ことに寒風のある地方で生育した場合、内分泌ホルモン系機能障害、自律神経の乱れ、便秘、胃腸障害によるのぼせの状態が継続した場合、ステロイド外用剤、放射線照射により皮膚が萎縮した場合

赤ら顔に効果的な治療法
Vbean治療(ダイレーザー)
赤ら顔

傷痕

傷痕の原因

けがや手術の跡で、元の傷跡の大きさを超えて傷跡の組織が広がっているものをケロイドといい、元の大きさの範囲内にとどまっているものを肥厚性瘢痕といいます。また、これらの傷跡が原因で周囲の筋肉や腱とが癒着し、機能障害を伴う場合があります。

傷痕の治療法

傷痕の特徴

傷跡が目立つ、元の大きさより組織が広がりがみえます。

傷痕の原因

手術後の縫合跡、事故による傷跡、やけどの跡、リストカット、根性焼きの跡など

傷痕に効果的な治療法
フラクショナルレーザー Vbean治療(ダイレーザー)
傷痕