ケミカルピーリング

フルーツ酸などの酸を使用し、皮膚表面および毛穴部分の角質を剥離し、新しい角質を再生させるトリートメントです。

ケミカルピーリングとは

通常、表皮は約28日間で剥がれ落ちて、新しい皮膚に置き換わります。
しかし、色々なダメージを受けたり皮膚が老化してくると、皮膚の新陳代謝が悪くなります。このサイクルが遅くなり、古い角質がいつまでも剥がれず徐々に厚くなってくると、肌の全体的なくすみやシしみになります。 また古い角質は水分に乏しいのでお肌に小じわが目立ちます。
ケミカルピーリングは、古くなった角質を酸によって剥がれ易くするとともに、真皮に炎症を与え、コラーゲンの再生を促すことが目的です。
また、にきびは、思春期に男性ホルモンの分泌が活発になり、その影響を受けて皮脂の分泌が盛んになると生じます。思春期には毛包周辺の角質が厚くなるため、毛包に皮脂が詰まりやすくなります。
ピーリングにより、角質を薄くすることで皮脂の排出を促し、にきびになりにくい皮膚に改善していくことが可能です。

ケミカルピーリング

新しい角質を再生させるトリートメント

ケミカルピーリング

フルーツ酸などの酸を使用し、皮膚表面および毛穴部分の角質を剥離し、新しい角質を再生させるトリートメントです。
はなさき皮膚科クリニック 美容皮膚科では、PH調整グリコール酸(30~50%)を使用しているため、刺激感などの副作用はほとんどありません。ケミカルピーリング+ビタミンCイオン導入で美白、にきびにより効果があります。
洗顔後、30~50%グリコール酸を適量顔面全体に塗布します。
メスを使わず、最も簡単で安心な方法で肌の角質が除去できます。 7~14日に一度の頻度で6~10回程繰り返し、新しい皮膚の再生と古い角質の除去をおこないます。次第にお肌のすべすべ感が実感できます。かなりの軽快が得られたあとは、月に1回程度の施行でお肌の良い状態が維持されます。

ケミカルピーリングの原理

STEP.1

毛孔内に皮脂が充満し、面疱を形成しています。

STEP.2

ケミカルピーリングにより、角質が薄くなり、皮脂の排出が可能になります。

STEP.3

毛孔内の皮脂が減少し、肌のくすみがとれます。

適応疾患(保険適応外)

にきび、白にきび、黒にきび、にきび痕、くすみ、小じわなど

注意事項

  • 治療中は、一時的に角質が薄くなり、肌が紫外線の影響を受けやすくシミもできやすい状態になりますので、日焼けは絶対に禁物です。
  • 治療中は、スクラブ入りの洗顔料を使用しないでください。

料金表

こちらは【診察後、予約が必要】です。下記以外については院内にてご説明いたします。
※価格は全て税込価格となります。

フェイシャル 1回/
6,000円
未成年フェイシャル 1回/
3,000円
ボディ 1回/
4,000円~
ケミカルピーリング+
ビタミンCイオン導入
1回/
10,000円
ケミカルピーリング+
ビタミンCイオン導入(未成年)
1回/
8,000円

よくあるご質問

1回の治療はだいたい30分くらいです。

通常6回~10回が目安ですが、個人差がありますので、断言できません。肌の状態、回数によって効果的なグリコール酸濃度・塗布時間でピーリングをおこないます。

にきびや吹き出物は毛包内(毛の皮膚に埋まったところ)にたまる皮脂が根本的な原因です。しかし、赤くなり膿がたまったにきびには、まず通常の保険診療で炎症を取ることが先決です。適応は医師が判断いたします。