にきび

はなさき皮膚科クリニック 美容皮膚科では、にきびの根本的な解決はもちろんのこと、
毛穴改善や肌質改善を行うことで、にきびの原因を取り除き、にきびができにくいお肌へと導くことができます。
肌質が改善されることにより、保湿力が上がり、美肌になります。

にきびの原因

にきびとは、皮膚の炎症性疾患です。
にきびができる要因はさまざまですが、ホルモンバランスといった内的要因や、乾燥などの外的要因によって毛穴が詰まることで、毛穴の中で「アクネ菌」が皮脂を栄養にして増殖をしていきます。
これがやがて「にきび」となります。「アクネ菌」は皮脂分泌量が多い部位を好むため、顔や胸、背中などの部位に好発します。

にきび

にきびの種類

白にきび
白にきび

にきびの初期段階に見られる症状です。角栓によって毛穴がふさがれることで皮脂がたまっていき、盛り上がっていきます。白っぽく見えるのが特徴です。

黒にきび
黒にきび

やがて皮脂分泌量の増加とともに毛穴内部にたまった皮脂が毛穴を押し広げ、表層に現れます。皮脂が空気中の酸素に触れることで酸化し、黒っぽく見えます。

黄にきび(化膿にきび)
黄にきび(化膿にきび)

さらに症状が悪化するとアクネ菌を退治するために白血球が送り出されます。戦いの末、細胞組織が破壊され、体液の残骸がたまったものが膿となって現れます。

赤にきび(炎症にきび)
赤にきび(炎症にきび)

症状が進行すると毛穴にたまった皮脂を栄養源にアクネ菌が異常増殖し、刺激性物質を生産することで炎症が起こり赤く腫れてきます。顔や胸、背中などの部位に好発します。

にきびの治療法

にきびの特徴

10代の思春期の悩みのひとつがにきび。額や鼻などのTゾーンを中心に顔全体にポツポツとできるのが特徴です。20代以上になってもできる大人にきびは、くり返しできたり治りにくかったり、さらににきび跡が残りやすい美肌の大敵です。あごや口のまわりなど顔の下の部分、フェイスラインにできるのが特徴。膿を持った大きめのにきびがポツポツとできることが多く、目立つのも悩みです。

にきびの原因

毛穴の詰まりと皮脂の分過剰泌が主な原因ですが、偏った栄養バランスや寝不足なども引き金になります。

にきび
にきびに効果的な治療法
アレキサンドライトレーザー ケミカルピーリング ビタミンCイオン導入

にきび痕

にきび痕の原因

簡単にいえば、皮膚の奥の層にダメージを与えてしまったことがにきび跡の原因です。にきびは炎症や化膿がひどくなると、お肌の奥のほうにある真皮層にまで影響を与えてしまいます。
この真皮層と呼ばれるところは細胞を新しく作る機能があるので、ここにダメージを与えてしまうと、表皮を 生まれ変わらせる為の新しい細胞が作れなくなってしまい、傷ついた古い肌が残ってしまいます。

にきび痕の種類

せっかくにきびが治っても、痕が残ってしまうことがあります。にきび痕は状態によって、赤み・色素沈着と、へこみ・陥没の2種類に分けられます。

赤みの原因
赤みの原因

アクネ菌が異常増殖の炎症による毛細血管の破壊で、血液中のヘモグロビンが残ってしまうことが原因です。

色素沈着の原因
色素沈着の原因

にきびの炎症によりメラニンを作る細胞が刺激や炎症で活性化され、メラニンを大量に生成し、それが色素沈着として残ってしまうことが原因です。

へこみ・陥没の原因
へこみ・陥没の原因

にきびができてアクネ菌が増殖し炎症が広がっていくと、炎症により真皮や皮下組織にあるコラーゲン等が破壊され、陥没性の変形が起こります。

にきび痕の治療法

にきび痕の特徴

にきびの炎症がお肌の内部に残っているために生じます。にきび痕は状態によって、赤み・色素沈着と、へこみ・陥没の2種類に分けられます。

にきび痕の原因

皮膚の深部損傷が原因です。

にきび痕に効果的な治療法
アレキサンドライトレーザー フラクショナルレーザー Vbean治療(ダイレーザー)
にきび痕