あざ

あざにも先天性のもの、あるいは後天的に浮き出てくるものなど、多くの種類があり、適切な診断と技術が治療への早道です。
はなさき皮膚科クリニック 美容皮膚科は最適な治療をご提案いたします。

あざの種類

青あざ

メラニン色素を持つ細胞が、皮膚の深部(真皮)に増えることで青く見えることから、青あざ呼ばれます。代表的なものとして、「異所性蒙古斑」、「太田母斑」があります。

茶あざ

ほくろのように皮膚から盛り上がることがないため、一般的に、「扁平母斑」と呼ばれます。肩に出来た発毛性の遅発性扁平母斑は「ベッカー母斑」と呼ばれています。

赤あざ

血管腫ともいい、皮膚の血管が拡張したり増えたりしてできるあざです。代表的なものとして、「いちご状血管腫」「単純性血管腫」「毛細血管拡張症」などがあります。

あざの治療法

青あざ(太田母斑、異所性蒙古斑)の特徴

皮膚の深い部分で起きている色素異常によるもので、先天的にあらわれる青いあざです。

青あざの原因

メラニン色素を持つ細胞が、皮膚の深部(真皮)に増えることが原因です。

青あざに効果的な治療法
QスイッチYAGレーザー
青あざ
茶あざ(扁平母斑)の特徴

先天性のものと、思春期以降に出てくる後天的なもの、両方があります。思春期になって発生する場合には毛が同時に生えてくる場合が多くあります。 しみと間違えやすい見た目ですが、対処法も異なります。

茶あざの原因

皮膚の浅い層での色素異常です。

茶あざに効果的な治療法
QスイッチYAGレーザー
茶あざ
赤あざ(単純性血管腫、いちご状血管腫)の特徴

境のはっきりした平らな赤あざが出現します。発生する時期や症状は様々で、体のあらゆる部分に大小問わずできます。

赤あざの原因

血管の異常増生および拡張が原因です。

赤あざに効果的な治療法
Vbean治療(ダイレーザー)
赤あざ