しみ・そばかす

年齢を重ねるごとに濃く目立ってくる、しみやそばかす。
はなさき皮膚科クリニック 美容皮膚科は、患者さまの症状に合わせて様々な治療法をご提案いたします。

しみの原因

しみの原因である「メラニン」は、表皮の基底層に存在する「メラノサイト」が紫外線を浴びることで生成が促されます。これは、紫外線による炎症から肌細胞を守るための重要な働きです。
一時的に増産された「メラニン」は、ターンオーバーによって角質となってはがれ落ちますが、加齢によるホルモンの減少やストレスなどによってターンオーバーが乱れると、「メラニン」の排出が滞ります。「メラニン」の生成が排出より上回ると肌内部に蓄積され、しみ・くすみとなります。
真皮に入り込んだ「メラニン」はターンオーバーでは排出できず、表皮に作用するケミカルピーリングや光治療だけでは改善が難しくなってきますので、早めの治療をおすすめします。

しみ・そばかすの原因

しみ・そばかすの治療法

老人性色素斑の特徴

加齢や紫外線の影響を受けて出来る茶色い色素班です。しみのほとんどが、このタイプにあたります。時間の経過とともに濃くなったり、隆起してくる場合もあります。

老人性色素斑の原因

紫外線の刺激によるメラニンの増加・沈着が原因です。

老人性色素斑に効果的な治療法
QスイッチYAGレーザー
老人性色素斑
雀卵斑(そばかす)の特徴

両頬や鼻の上などに散在する小さい色素斑のことで、紫外線の影響で濃くなったり、再発しやすい特徴があります。

雀卵斑(そばかす)の原因

小さなシミを総称してそばかすと言う場合もありますが、正確には、遺伝的な要因で発生した細かい茶色の斑点が「そばかす」と言われています。

雀卵斑(そばかす)に効果的な治療法
QスイッチYAGレーザー
雀卵斑(そばかす)
肝斑(かんぱん)の特徴

左右対称に発生する薄茶色のしみです。原因としては、日焼けやストレス、女性ホルモンが大きく影響していると言われています。

肝斑(かんぱん)の原因

女性ホルモンなど、体の内面からの原因があります。

肝斑(かんぱん)に効果的な治療法
ケミカルピーリング ビタミンCイオン導入

ビタミンC、トラネキサム酸などの内服療法

肝斑(かんぱん)
炎症後色素沈着の特徴

赤みのある色から黒色までさまざま。一過性のものなので自然に消えることもありますが、炎症が続き、その間に紫外線の影響を受けて濃くなる場合があります。

炎症後色素沈着の原因

ニキビ跡、やけど、ローラーなどのやりすぎ など、肌がダメージを受けた部位に炎症が起こると、それが色素沈着となって残ります。

炎症後色素沈着に効果的な治療法

ハイドロキノン外用

ハイドロキノン強力な色素抑制剤で、炎症後の色素沈着や色素の再発を抑制します。

炎症後色素沈着
後天性メラノサイトーシスの特徴

紫がかった小さなしみや灰色のしみ、褐色のしみなど様々な色が混在し、左右対称性の斑点状に現れます。

後天性メラノサイトーシスの原因

遺伝性も高いとされるが、加齢、日焼け、ホルモンバランスの崩れなどの影響が考えられます。

後天性メラノサイトーシスに効果的な治療法
QスイッチYAGレーザー
後天性メラノサイトーシス